話せるのに、ブログ、メルマガが書けないのはなぜ?

こんにちは、熊谷です。

 

「話すのは話せるんです。でも、ブログやメルマガを書こうとすると途端に書けなくなってしまって・・・」

こんなふうにおっしゃるかた、少なくないんです。

話すならいくらでも話せるし、聞かれればいくらでも答えられるのに、

なんでブログやメルマガは書けないんだろう?

あなたもそんなふうに思うことありませんか?

 

話せるのにブログやメルマガが書けない理由はシンプル

 

「話せるのに、書けない」というとき、本当は話せていなかったりします。

どういうことかというとね、視覚情報がなく、1回聞いただけでわかるように

話せては言えないかもしれない、ということ。

 

会話の場合、あなたの言いたいことを、あなたの様子、あなたとの関わり、

前後の脈絡などで、相手が汲み取れたりしますよね。

 

主語や目的語が抜けていても、話の流れでわかれば聞き返すこともないですし、

あれ、これ、それ、というのも詳しく言わないでも通じることも多いです。

 

文章で話さず、単語だけでも通じたりね。これが一番特徴的かもしれません。

そう、相手と話している場合、言葉以外の情報があるので、

それも合わせて判断できているのです。

 

趣味は?と聞かれて「アロマトリートメント」とだけ答えたとします。

すでに知り合いであれば、相手のことはある程度、わかっているので、

あー、たまに「アロマトリートメント」を受けに行くのだと思うかもしれません。

 

ですが、何も知らない相手なら

「アロマトリートメント」を受ける側なのか?施術をする側なのかはわかりません。

お互いが知らない関係なら

「アロマトリートメントを受けに行きます」

「アロマトリートメントで自分をケアすることです」

「アロマトリートメントの施術をします」

など、文章になっていないと本当の内容はわからないですよね。

 

話すと通じるのに書くと伝わるように書けないというときは、

言葉以外で補っている情報も、言葉で加えた文章にして伝えればいいのです。

 

ブログやメルマガは話し言葉で文章にする

ブログやメルマガを書くときは伝わる文章にする、といっても、

気をつけたいのは、一気に堅苦しくならないこと。

目の前にその人がいて話しかけているつもりで、

話し言葉のまま文章にしましょう。

 

イメージとしては、普段の会話のまま、会話でいちいち言わずに

省いている「主語」「動詞」「目的語」などを加えていく感じですね。

 

一文は短く

文章は一文は短くしましょう。

先ほどの

「アロマトリートメントを受けに行きます」

「アロマトリートメントを自分でやることです」

「アロマトリートメントの施術をします」

のような区切り方でOKです。

10歳の子供でもわかるくらいのシンプルさがいいですね。

(言葉使いを子供レベルにするということではなく、

・・・で、・・・で、ダラダラと文章を続けずにシンプルにする、という意味です)

 

あなたの価値を言葉で伝える

ブログやメルマガでビジネスの仕事の発信をする場合、

素晴らしさや大切さを相手にわからせたくて説得しようとすると、

相手は聞く気になれません。

(あなたも説得されるのは好きではないですよね、きっと)

 

人が関心があるのは自分の変化です。

相手にとってどんな良いことがあるのか?

相手にとってどんな変化が起きるのか?という観点で伝えていくと関心を持って読んでもらえます。

 

 

 

本当に話せる人(伝わるように話せる人)は、自然にわかりやすく書けています。

なかなか書けない、と言う場合、実は通じるように話せていなかったりします。

話せているんだけど・・・なぜ書けないのかな?と思う時は、

本当にその言葉だけで、話が通じているか振り返ってみて

話すときに、主語、動詞、目的語などが抜けていないかを意識してみるといいですよ。

 

カンタンに価値を伝えてお客様に来ていただけるコツ

お客様に価値が伝わり、セミナーにお申し込みをいただけるようになるコツを

誰でも出来るように、わかりやすくお伝えしています。

無料メール講座 セミナーにお客さまが集まる告知の書き方5つのコツ