集客できてセンスのいいLPになるたった3つのコツ

ペライチや自分のサイトで告知文、セールスレター、LPを作ってみたものの、集客がうまく行かない。文章を見て欲しい。そんなご相談を受けて、告知文、セールスレター、LPを拝見すると、文章はまあもちろん改善の余地がたくさんあるのですが、読む前の段階の課題も・・・。

それは見た目の問題。パッとの見がどうも美しくない。美しくないというのは、画像がキレイとか、めちゃくオサレな感じにできてるとかそんなハイレベルのことではなく、統一感がなく、見づらい、頭に入ってこない、ということなんです。

今回は、LP初心者でも集客できるセンスのLPに仕上げる「見た目」を見やすくする3つのポイントです。

一見デザインの話のようですが、これ、伝えたいことがわかりやすい構成になっているか、伝えたいことを自分自身でロジカルに理解できているかどうかに大きく関わってきます。

なので「見た目」が整うだけではなく、集客できる告知文・セールスレター・LPになるということなんです。

 

集まるセンスのいいLP -色使い

1)色の数について

まず、目に付く大きな違いは色使い。慣れていない方は、1つのページにかなりの数の色を使っています。それも脈絡なく思いつきで。そうなってしまう理由は2つ。

・1つ目は、その方が目立つと勘違いしている。これ、これまで自分が印象に残った広告やサイトを思い出して欲しいのです。そんなに多色づかいではないはず。

・2つ目は、全体での見た印象を意識せず、パーツ毎(段落毎)にどう書こうか(どんな色を使うか)と考えて書いていること。

色使いはオシャレと同じです。センスのいい方は基本3色以内で収まっています。3色以上使う場合も同じ色のトーンの濃淡でまとめていて、反対色をたくさんは入れていません。そして、そうした人の方が、いろんな色を混ぜて着ている方より、印象に残っていませんか?

LPもこれと同じです。基本は3色。それ以上使う場合は、同じトーンのカラーの濃淡で。

 

2)色の使い方の統一感

見出しなどの色を変えるときは、同じ階層の見出しは同じ色に揃えましょう。例えば、中見出しは中見出し全て同じ色。小見出しは小見出しで全て同じ色。文中の特定の文章や言葉の色を変える場合(例えば赤字にしたりね)も、色を変える意味を統一し、思いつきでその時々バラバラに変えないようにするとわかりやすいです。

 

集まるセンスのいいLP -文字の大きさ・フォント

文字のフォントや大きさ、太さを変えるときも、変えるルールを揃えましょう。小見出しは全て太字なら太字とか。大きさを変える場合も同様です。タイトルや目立たせないところの文字を大きくする場合も、思いつきでその都度大きさを考えるのではなく、一番目立たせたいこと、その次のレベル、さらにその次のレベル、というように段階別に、このサイズを使おうなど意識していくといいですね。

またフォントを変えると見づらくなるので、特に必要がない限りは、1LP中のフォントは揃えるのがキレイです。あえて特定の文章が言葉を印象付けるためにフォントを変えることもあるかと思いますが(そこそこ上級者のやり方だと思います)、ただ見づらいだけになってしまわないよう気をつけましょう。

集まるセンスのいいLP -画像

結構大事なのが画像です。画像をほとんど入れていないものを見かけますが、そうすると印象が地味で、文字ばかりという見た目になり、読む人にとってはなかなかハードだったりします。

関連付けた画像が適宜入っていることで、LP(告知文やセールスレター)全体がグンと明るくなるし、お客様も感情に響いたり、イメージが浮かびやすくなります。

 

まとめ

集客できるセンスのいいLPの見た目を整えるポイントは、「色使い、フォント、画像」でした。

ぜひ、意識してやってみてください。

もちろん、その上で感情を揺さぶる文章であれば、効果は数倍にもなります。逆に文章がダメだと、見た目が整って読まれやすくなっても、お申し込みはこないのです。(自然に売れる文章はこちらで詳しく・・)

無料ハンドブック
自由に働きながら
ビジネスを飛躍させたい

女性起業家のための
あなたの価値の伝え方・心のあり方
100リスト

今すぐダウンロード

無料診断
ちょっと
コーヒーブレイク
しませんか?

辛口でゴメン!
女性起業家のための
稼ぐセンス診断

さっそく診断!