こんにちは、価値を言葉で伝えるライティングコンサルタント 熊谷です。

美雪さんは、たくさんのことをされていて忙しそうなのに、どうやって時間を使っているんですか?

と聞かれることがよくあります。

会社員時代は、時間術にかなり凝ったこともありますが、時間をいかに効率良く使う方法だけでは、限界があるんですよね。

なので、今日は、私がやっている5つの方法をご紹介。

 

 

パフォーマンスの高い時間を知る

自分にとって一番頭が冴えて仕事がはかどる時間を知っていますか?

まずは、それを知るといいです。

その時間がわかったら、そこに一番頭を使う、難しい仕事をやるようにします。

大事な考えごとを頭が疲れている時にやっても、時間ばかりかかってうまくいかないですよね。

ですので、一番はかどる時間にやるようにしましよう。

 

お客様とのアポイントなど、いつも思いどおりにはならないかもしれませんが、

意識してスケジュールを組むとだいぶ違います。

 

ちょっと緩んでしまう時間や集中力に欠ける時間は、

ある程度流れでできるルーティンの仕事などを割り当てるといいですよ。

こんな工夫することで、結果的に時間を上手に使えていることになります。

 

苦手なことは人に任せる

 

あなたが苦手で、しかも自分でやる必要もないのに、自分でやっていることはなんでしょう?

パソコン関係とか事務管理とか?

例えば、PCが苦手な方が、自分で見よう見まねでワードプレスを立ち上げようとします。

1ヶ月経っても進まず、ようやくなんとなくできた。でも、なんとなくカッコ悪い感じ。

それにところどころ、表示がおかしい。

でもどこを直せばいいかわからなくて、もう泣きそう。

 

もしここにかけた時間を、あなたが本当にやるべき得意な仕事に使っていたら、どうでしょう?

それなりの売り上げが上がっていたのではないですか?

私はホームページの立ち上げやヘッダーの設定など、いつもプロにお願いしています。

特に、今、一番ありがたいサポートをいただいているのが、

ゆうそうとさんのIT顧問契約サポート。

月額一定料金の顧問契約で、IT関連の困った!にアドバイスをいただけます。

 

なんかプラグインが変?、ワードブレスの表示がちょっとおかしい、バナーをつけたい、

SNS等と連携したい、グーグルアナリティクスの使い方がわかりづらい

など、自分で調べたら時間がかかる上に、結局、解決しなさそう・・・、

でも誰に聞けばいいの?ということを、いつもパパっとサポートしてくれています。

むちゃくちゃ安心してお仕事できています。

 

IT関連のサポートは男性が多いですが、「ゆうそうと」さんは女性なのです。

それもとっても誠実な女性。

これもお願いしやすい理由ですね。

 

やらなくていいことを手放す

 

お客さまが増えて、ビジネスが成長していくと上向きになってくると、あれもこれもとやることを増やしがちです。

聞かれればできてしまうので、メニューに加えて、メニューが増えすぎてしまった。

できることがいろいろあるので、どれもやってしまう。

FB、ブログ、メルマガ、twitter、インスタ、LINE、動画、

セミナー、付き合いのランチ会・お茶会の参加

習い事、新しい学び、やることが増えすぎて手が回らない。

そんな方は一度、こんな見直しをしてみてください。

「あなたの売り上げにつながっている行動はどれか?」

 

あなたが、ビジネスを成長させたいなら、まず、つながっていないものは、今すぐやめても影響はないはず。

その分、売り上げにつながりやすいものに、エネルギーと時間を使っていくといいです。

人がやっているからとか、周りにどう思われるか、今までやってきたから、やらないと不安だから、

というだけでやっていることを手放すだけでも、だいぶスッキリするはずです。

 

スキマ時間にやれることを決めておく

 

電車での移動がある方は、時間が細切れで空くことが多いなら、15分や30分単位でできることを決めておくといいですね。

私はクライアントさんへの返信や、記事の大筋の流れは、こうした時間に行っています。

ただ、このスキマ時間の使い方は、あまり神経質にならずに、休める時は休んじゃう、ボーッとする、

という感じもいいと思っています。私も実際そうしていますし。

時間を無駄にしてしまったというような罪悪感を持つ方が良くないので、気軽にいきましょう。

 

1日スパンで考えない

 

1日1日をきっちりやろうとするのは難しいです。思いかげないこともあるかもしれませんし。

お仕事の内容に異なるとは思いますが、2−3日単位や4−5日単位で考えてみるといいですね。

この3日の間にできればいい、みたいな感覚でやれれば

今日はここまで、明日はこの辺までという感じで細切れにしたり、

急なことがあっても、余裕を持って進めることができます。

 

いかがですか?

せっかく独立して自由に仕事ができるなら、上手に時間を使って快適にお仕事できたらいいですね。