こんにちは、価値を言葉で伝えるライティング 熊谷です。

コンサル、セラピスト、コーチ、士業、カウンセラー、〇〇専門家の方などなど。自分で仕事を始めると、

まずブログを立ち上げましょうって、言われることが多いと思います。

で、悩むんですよね、アメブロがいいの?ワードプレスがいいの?

 

 

あなたのお客様はどんな人?

 

私のクライアントさんは、半分くらい、アメブロとワードプレス、両方持っています。

必要だから両方持っていたり、今、ワードプレスに移行中だったり。

両方持っている方も、両方に同じ記事をあげているわけではないんです。

それだと意味がありませんし、どちらかのサイトが真似していると判断されて

ミラーサイトとみなされて、検索にかかりにくくなってしまいますしね。

この2つの使い分け方は、あなたのビジネスやお客さまによって変わってくるんです。

 

アメブロに馴染んでいる人

 

お客様自身がアメブロをやっている、とか、自分ではやっていないが、

アメブロに描かれている記事はよく読む、という方なら、あなたのアメブロも見つけてくれそうです。

あなたのお客様は、アメブロのブログをよく見そうですか?

それはどんなジャンルでしょう?

 

例えば、女性の場合、プチプラのお洋服やレシピ、お片づけ、趣味関連のブログは人気がありますよね。

アメブロのような無料ブログでも、信頼しない、ということはなさそうです。

 

アメブロに馴染みがない人

 

では、一方で男性の会社員であったり、士業の方を探していたり、経営に関することを知りたいような方はどうでしょう?

いわゆるちょっとお固い内容のものです。

または扱っているサービス、商品が高額である場合など。

アメブロを見ているでしょうか?

アメブロで信頼していただくのは、難しいかもしれません。

 

自分のお客様が、そもそもアメブロをあまり見ない、

見ても、ビジネスとして、その方にお願いするための信頼度を得られないのであれば、

そこにエネルギーを割くのはもったいないですね。

 

アメブロの役割

いろんな考え方があるので、私が今の状況で思う考えかたです。

アメブロは商用利用は禁止されています。

ですので、ビジネスのために自身のサイトを立ち上げることを兼ねて、

ブログを立ち上げるのであれば、商用利用が禁止されていて、いつ削除されるかわからない

アメブロだけでは、あまりに足元が心許ないですよね。

自分にとっても不安ですし、お客様のことを思ってビジネスをしているか?という観点からも、

やっぱり「信頼」されづらいです。

ですので、やはりワードプレス等で自分のサイトを持つことは不可欠だと私は思います。

 

両方使うか?ワードプレスだけにするかの判断は?

 

例えば、レストランを探すとき、条件(和食、個室、地名など)を入れると、

食べログなどのサイトが出てきて、そこから良さげな店を選ぶものの、

それだけですませずに、そのレストランのサイトも確認の意味でチェックしませんか?

本当に良さそうな店かどうかチェックするために。

 

あなたのビジネスのお客様が、アメブロに馴染みがあり、アメブロをやるとアクセス数も結構いいよ、

という場合、食べログ的な役割をアメブロにして、

レストランのサイトの役割が、自分のサイト(ワードプレス等の)というのは有効だと思います。

アメブロから自分のサイトに誘導するわけですね。

(サービス一覧、メルマガ登録、お客様の声、プロフィールなどをクリックすると、すべて自分のサイトに飛ぶようにする)

というわけなので、あなたのお客様がアメブロは読まないし、信頼もされそうにない、とか

そこまでアメブロのニーズは高そうではないな、という場合、

ワードプレスのサイトだけでいいと思います。

 

両方やる場合、ワードプレスに何を書くの?

 

ただ、ワードプレスとアメブロ、両方やろう!となった場合、どっちも記事を書くのは、大変ですよね。

ですので、例えば、サロンなどの場合、アメブロは日々の施術日記を上げていく。

今日はどんなお客様が来て、どんなことをおっしゃってくださったのか?

お客様がいつも来てくださっている印象を持っていただけます。

 

ワードプレスでは、長めの記事(あなたの専門に関することで、お客様がよく相談されること、

悩んでいることなど)で調べた時、検索されることを意識して、書いておきます。

(今は、2000文字くらいある、辞典的な記事が検索されてヒットしやすいようです)

 

そろそろアメブロはやめて、ワードプレスだけにしたいなというとき

 

いきなりアメブロを止めることに不安があれば、

アメブロ側では途中まで書いて(その場合もワードプレスと同じ文言にならないように気をつけて)、

こちらで詳しく書いています、とワードプレスの記事にリンクを貼って誘導したり、

週に1回、ワードプレスの人気記事ピックアップし、よく読まれた記事ベスト3などの投稿をして、

のワードプレスの各記事へのリンクを載せておくといった工夫もしつつ

徐々にワードプレスのサイトを浸透させることもできますね。

 

やたらにやることを増やすのではなく、上手に手放しながらビジネスを育てていきましょう。

 

関連記事

ビジネスでのプログの書き方・テンプレ付き