こんにちは、熊谷です。

 

老人ホームのお年寄りに「あなたが後悔していることはなんですか?」

と聞いたそうです。

出てきた答えは「もっと〇〇すればよかった」「あのとき〇〇すればよかった」

と「〜すればよかった」ということばかりで、

「〜しなければよかった」というのはなかったそうです。

よく「やらないで後悔するならやって後悔する方がいい」と言いますけど、

やっぱり本当なんですね。

やってみないと実際のところどうかはわからないから、

後悔のしようもないというか。

 

やって思うようにいかなかったら、なるほど、こういうことか、とわかるし、

じゃあ今度はこうしようと思えるかもしれないし、

もうやらないぞって思うかもしれない(それはそれで有り)。

 

やってみて、やりきってみたら結果がどうあれ

清々しい気持ちで、次に進めるはず。

 

自分を追い詰めろとーとか、休まず働けー、とは言いません。

ちゃんと食べて、ちゃんと寝て、ちゃんと笑って、

ちゃんと人に優しくしてください。

 

でも、

やればいいと思っているけど、やれていない・・・

うまくいくかどうか自信がない・・・

と頭の中でグルグルしているくらいなら、

時間が過ぎるのを忘れるほど気づいたらやっていた。

くらいやってみたらどうかなって思います、本当に。

 

・売り上げをあげたい

・好きな時に旅行したい

・集客できるようになりたい

・価格を上げたい

・仕事としてお客様に感謝されたい

 

なら、そのためにできること、今すぐできること

1つやってみませんか?

「〜すればよかった」と思わないで済むように。

きっと、結構やるじゃん私って思えると思いますよ。

 

<見逃していませんか?残席2名>

11/9開催満員御礼が続く!ストーリー集客ライティング講座

!すでに2大特典がありますが3つ目を追加しました!
「小冊子・読まれるタイトルのつけ方5つのヒント」