こんにちは、熊谷です。

 

「もったいないなあ・・・」

毎日、おかげさまでたくさんの文章に、アドバイスをさせていただいていますが、

メルマガや商品の紹介であー、もったいないこと

してるなーと思うことが・・・。

最初の呼びかけ

書き出しは、

「お客様の悩みや痛みを描き、共感を引き出す」

というのは、私もよく言っていますよね。

これ、本当に大事なんですが、書きようによっては、

「そうそう、わかってるーと

お客様が、思わず引き込まれてしまう」

ときがあれば、

逆に

「そうなんだけど、なんだか感じ悪い・・・」

と思われてしまうときがあるんです。

真逆ですよね。

これはちょっとムッとしてしまうかも

たとえば、運転が苦手な方に

^^^^^^^^^^^^^

「あーこの駐車場、また一番奥しか空いていない。

うまくとめられるかな。

何回も切り返すのイヤだな・・・

高くはなるけど、あっちの駐車場にしようかな、やっぱり・・」

こういうの大変ですよね。

^^^^^^^^^^^^^

と書いてあるのと

^^^^^^^^^^^^^

「ご存知ですか?

車の駐車が苦手で、一番奥しか空いていないと

あきらめて、高くても他の駐車場にとめる方がいることを」

^^^^^^^^^^^^^

とあったら、どうでしょう?

 

駐車が苦手な方にとっては

前者は「うん、そうそう」ですが、

後者は「それ、私ですけど、何か・・・」ってなりそうです^^;。

 

相手が変わればOK

後者の文章はいつも悪いのではく駐車場を経営している

オーナーが対象なら、良さそうですよね。

そういう人がいることに気づき奥がとめやすくしてくれたら

お客様は嬉しいですよね。(私も嬉しいです^^)

利用者が増えるかもしれません。

最後に書いたものを読み直す時、自分が当事者ならどう思うか?

の視点を大事にしてくださいね。

それがお客様のあなたにお願いしたい!という気持ちにつながります。

 

 

<相変わらず人気です>
自宅で好きな時にお客様が絶えないステップメールが完成する教材