こんにちは、熊谷です。

コーチ、コンサルタントのみなさん、メルマガのタイトルって、どんなふうにつけていますか?

メルマガって送ったからといって、必ず読んでもらえているか、わからないんです。

えー、って、がっかりしないでくださいね。

でも、一度にたくさんメルマガがきたとき、並んでいるタイトルを見て、興味がわかなかったら、 開けずにそのままにしちゃうこと、あなたもありますよね?

苦労して書いた、伝えたいこと、読んでもらいたいですよね。

それには開封してもらわないと、始まらないんです。

とはいっても、コーチやコンサルタントの方が書くメルマガですから、読者をあおるようなタイトルは、つけたくないですよね。

こんなことに気を配ってみてください。

・読むメリットがわかる
・読み手目線
・自分が見ても、読まずにはいられないタイトルか?

たとえば、

このブログのタイトルは、「読まずにはいられないタイトルをつけよう」ですが、

これが、「タイトルのつけかた」だったら、どうでしょう?

印象がだいぶ違いますよね?

この3つのポイントに、緊急性とか意外性などが加わると、もっと力があるタイトルになりますが、

まずは普通のメルマガを書くときは、上の3つを気にしてくださいね。


特に3つめの「自分だったら、読まずにいられないか」これ、大切です。

そうそう、タイトルをつけるのは、文章を書き終えてからですよ。最初に決めようとすると、そこで止まってしまうので^^;)。

ステップメール(無料メール講座)も、そのメール講座のタイトルや、各回のタイトルは、購読者を増やせるかどうかの重要な要素です。
こちらのセミナーで丁寧にお伝えします。残席わずかです。お早めに!!