メルマガをビジネスに活かす方法

 

最近、Bluetoothイヤホンを新調しました。

周りが騒がしい時には、最高ですね。

アマゾンプライムミュージックで

集中したい曲、落ち着く曲などリストに入れて聴いています。

 

フロントセミナーからの成約パターン

 

私は独立して1〜2年の頃、ほぼ毎月、フロントセミナーをやっていました。

1回の定員はだいたい5、6人。

 

たまに10人とか15人とかいう時もありましたが、

多いとどうしても、距離感が出てしまい

私の場合、バックエンドの成約率はあまり変わらないので

(これも自分で経験したからこそわかったことですね)

なるべく5−6人くらいにしていました。

なので、月に2回やったり、1回だけ、同日に2回!やったこともありました。

(これはもう二度とやらないですねえ。さすがに、ものすごく疲れました^^;)

 

そうして、個別相談を経てご契約いただくことがメインでした。

 

他には、単発セッションからのご契約でしたね。

遠方の方も多かったです。

 

この頃の私は、フロントセミナー抜きで

最初からバックエンドのお申し込みを前提としたお問い合わせや

オリエンテーションの申し込みは、2ヶ月に一度程度でした。

なので、ひんぱんにフロントセミナーをやっていたのですね。

 

フロントセミナーを減らせたのは?

 

今は、フロントセミナー開催回数は当時の1/4くらいです。

理由は、メルマガでもある程度の価格のメニューが売れるようになったから。

 

先月も、福袋企画の162,000円のコンサルティングは

メルマガで2回お知らせしただけで定員オーバーの7名のお申し込みを

いただきました。

 

実は、これ、ライティングのスキルも大切ではあるのですが、

売りたい商品の特性に合わせて募集開始までの「流れ」を

工夫できるようになったことが大きいです。

 

関心を持ってもらう

 

「流れ」というのは、募集開始までの工夫です。

 

そのセミナーに関連したテーマでお客様の役に立つ記事をいくつか送り、

関心を持っていただいたり、自分に必要だということに

気づいていただけたところで「こんなことをしますよ」という

 

その期待や関心に応える、痛みの解決となるあなたの商品を紹介する。

これができるようになると、メルマガだけで売れる確率が自然と上がっていきます。

売るだけではなく、お役に立つ情報もお送りしているので、きっと喜ばれるはずですよ。

 

 

無料ウェビナー
セミナーがラクに満員になる
3つの仕掛け

駆け出しでもOK!
コンサルタント・講師・コーチ必見!

今すぐチェック!