こんにちは、熊谷です。

コーチ、コンサルタント、カウンセラーで独立しているかた、これから独立するかたにとって、自己基盤作りは大切なことですよね。私も、これはホントに大切さを痛感しています。常に勉強は続けています。

その結構な時間とお金を投資している自己基盤、セッションで成果を発揮していますか?

セッションのチャンスを作るのは、もちろんリアルにお会いすることも大切です。が、そのリアルにお会いする機会をより多く作るのが、「文章の力」なんですよね。

ブログ、メルマガ、セールスレターで、未来のクライアントさんに「この人なら!わかってくれる」と思われるメッセージを書くことで、あなたの想いが届きます。

その結果、お問い合わせがあったり、お試しセッションのお申し込みがあり、実際にお会いする機会ができて、その後のおつきあいにつながる。

ライティング、というと、会わずに文章だけで、全てを完結するイメージをもってらっしゃるかたも、いらっしゃるのですが、決して、そうではないんですよ。

ちょっとイメージしてください。知らない方と会うなら、最初にその人のこそ、知りたいですよね。どんな人かわかってから、会いたいですよね?

文章は、遠くのかた、なかなかお会いできない方でも、あなたという人を知っていただく手段の1つなのです。とっても強力な手段ですけどね。

そう思うと、少し、「書く」ということのイメージが変わってきませんか?

うん、ちょっと変わってきたかも・・・というかたは、こちらもご覧になってみてくださいね。