女性起業家にとってのファンって?

こんにちは、言葉で人をつなぐライティングコンサルタント熊谷です。

私が独立して程なく(約4年前)、こんな事を聞くようになりました。

「あなたのファンを作りましょう」

これは私にとって衝撃でしたよ。

「え?ファン?なんで?」って。

「え?お客様に役立つ価値提供できるだけじゃダメなの?」ってショックでしたねえ。

 

(20代頃から憧れていた高橋みどりさんのファッション。「人モテ」って上手な表現ですね)

女性起業家にとってのファンの意味

ファンと言われてパッと浮かぶのは、タレントやアーティストのファン。

それをイメージしてしまうから、私にファンなんて、、、と思ってしまいがち。

でも、私はこう思うようになってから心持ちがだいぶ変わりました。

私にとってのファンは、「私のことを信頼してくれる人」

なので、ファンの期待を応えようと、あれこれやるわけですよね。

もっと何かできないかなって。

(もちろん、別の定義の方もいると思います。

「この人のようになりたい!」と思い、その人を慕い集まるファン、もありますしね)

 

言葉で人をつなぐ

そして、私は今、自分のことを「言葉で人をつなぐ人」だと思っています。

素晴らしいスキルを持っているのに、それを価値が伝わる言葉にできないばかりに

お客様とつながれない人と、その価値を待っているはずの人をつなぐのです。

どっちもハッピーになれるでしょ。

だから私は、「自分はどうしたら幸せになれるか?」が100%で

お客様を幸せにできない人はお手伝いしないんです。

「自分」と「自分のお客様」が良ければOKだけじゃなくて、

自分のお客様の先のお客様もハッピーになってほしいから。

 

自分が円の中心でなくてもいい

女性起業家にはいろんなタイプがいます。

円の中心にいて、「私のようになりたい人、集まれー!」というタレントタイプの方。

円の中心ではなく、支える縁の下の力もち、のようなポジションの方。

私のように、私を中心に皆がつながっていく、私と出会えることで

その方がつながりたい人とつながる役割もある。

もしかしたら、お客様から見たら、いつも自分に寄り添ってくれているイメージの方も

いるかもしれませんね。

 

それぞれのやり方で、「この人にお願いしたい」と思ってもらえたら、

その方が「あなたのファン」ですよね。

 

無料ハンドブック
自由に働きながら
ビジネスを飛躍させたい

女性起業家のための
あなたの価値の伝え方・心のあり方
100リスト

今すぐダウンロード

無料診断
ちょっと
コーヒーブレイク
しませんか?

辛口でゴメン!
女性起業家のための
稼ぐセンス診断

さっそく診断!