こんにちは、ライティング&ビジネス戦略コンサルタント 熊谷です。

 

ビジネスをしていると「お、これはいい感じ!」というときがあれば

「なんだかうまくいかないな・・・」というときもありますよね。

 

今日はそんな「なんだかうまくいかないな・・・」の状態を

ズルズル続けないための対処法を3つご紹介します。

 

 

対処法1 原因を推測して手を打つ

 

たとえば、セミナーの集客がうまくいかないとき。

  • 告知で価値が伝わっていないのか?
  • 内容に魅力がないのか?
  • 場所や日時が悪いのか?
  • 告知のタイミングが遅かったのか?
  • 価格が高いと思われているのか?
  • 内容がわかりづらいのか?

など、考えられることで、今、手を打てることに手を打つ。

 

なんでも1回でうまくいくとは限らないもの。

ダメならテストのつもりで、ダメそうなところを変えて試してみましょう。

料理だって、味見して調整しながら美味しくしていきますよね?

それと同じくらいの感覚で捉えてみるといいです。

 

対処法2 うまくいったときと比較する

 

これまでうまくいったことと何が違うのか?を比較してみましょう。

そこに思わぬ気づきがあります。

 

もちろん、あえて今までのパターンを変えたのであれば、

今は助走期間ですから、結果が出るまで時間がかかることもあるので

単純に良いときと同じに戻すということではなく、まず助走期間だと意識して、

うまくいくときはどんな流れになっていくのかを考えるだけで、

気持ちは変わると思います。

 

対処法3 何もしない(笑)

 

えーと思ったかもしれませんね。

 

対処法1、2をやってもうまくいかないとき、それは

「そっち(それ)じゃないよ」

「今じゃないよ」

というメッセージであることが結構あります。

 

何もしないで投げ出してしまうのではなく、やることをひととおりやってみて

それでもダメなら、いったんそのままにしておくのも有りです。

そうして手放すと、これだ!と思えることが代わりに入ってきたりします。

疲れ気味なら、ゆっくり寝て体を休めてあげるのもいいですね。

 

自分がコントロールできることに集中する

 

対処1、2、3に共通すること、それは

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

自分がコントロールできることに集中する

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ということ。

 

うまくいかないとき、

人はどうしても自分ではどうにもならないことに意識が行きがちです。

  • 相手の言動(家族やお客様など)
  • 売り上げ額
  • お天気や外部の会議室などの環境

といったことで、プレッシャーやストレスを感じていたり。

 

「外は寒いー、なんでー!?」と言っていても何も変わりませんが、

自分を暖かくすることは確実にできますよね?

 

自分ではどうにもできないこと気にやむより

「今、自分ができること」に集中する。

結果的にそれで状況が好転していくことは多いものです。