こんにちは、熊谷です。

毎日忙しいコーチ、コンサルタントのかた、書く時間は、少しでも短いほうがいいですよね。

といっても、読んでもらう以上、適当に書けないし・・・。

それなら、お客様の記憶に残りやすい、カンタンな書き方をしてみましょう。

箇条書きです。

箇条書き、というと、
・1.2.3.と順番に書くときや、
・日時、場所、のように項目を並べるときや、
・ビジネス用、

と思いがちですが、もっと、カンタンに気楽に使ってみてください(これも、箇条書きしていますよね)。

たとえば、こんなふうです。2つ書いてみますね。

例1)
文章 :あなたの強みがわかると、自信がつき、前向きになり、今抱えてらっしゃる問題のとらえかたが変わり、行動が変わることで、目的を達成することができます。

箇条書き:

強みがわかると起きること
・自信がつきます
・前向きになります
・問題のとらえ方が変わり、行動が変わります。
そして
・目的を達成することができます。

例2)
文章 :目的にあわせ1ヶ月~6ヶ月のコースがあります。最初に60分の無料お試しセッションでじっくりお話しをうかがい、そのあと、契約されるかどうか決めていただきますので、お気軽にご相談くださいね。セッションの方法は、スカイプ又は対面です。

箇条書き :

コーチングについて
<期間>
1ヶ月~6ヶ月のコースがあります。
あなたの状況にあわせて、お選びいただけます。

<無料セッション>
60分の無料お試しセッションでじっくりお話を伺います。
ここでしっかり試されてから、ご契約されるかどうか決めてくださいね。

<セッションの方法>
スカイプ、対面(都内カフェ等)

箇条書きのほうが、印象に残りませんか?それに文章のつながりを考えないでいいので、早く書けます。

ポイントは箇条書き以外の箇所の、出だしや終わりは、お客様に呼びかける文章で、ラポール(共感の空間)を築いていただくことです。

そうすることで、業務連絡のような印象はなくなります。試してみてくださいね。


・顔出しできない副業コーチ、コンサルタントのかた、・もっとお客様にきていただきたいコーチ、コンサルタントのかた
無料セッションにつながる着実にお客様にきていただく流れを作るなら、こちらのセミナーがおススメです。残席わずかです。お早目に。