売れる商品7つのチェックポイント・売りづらい商品を売っていませんか?

こんにちは、言葉で人をつなぐ ライティングコンサルタント 熊谷 美雪です。

 

「良い商品を作れば売れる」という時代はとっくに終わった。

今は、良い商品であることは当たり前で、

そこに売れる工夫(マーケティング、プロモーション等)がないと、

商品は売れない、というのが常識になっていますよね。

 

では、その「良い商品」であることが大前提の商品ですが、

そもそも魅力に欠ける、売りづらい商品だったら、どうでしょう?

 

どんなにマーケティングやライティイングを学んで売るための工夫をしても

うまくいっていないとしたら、商品を見直した方がいいかもしれません。

 

 

商品の魅力度 7つのチェックポイント

では、その商品を見直した方がいいかどうか、いくつかチェックしてみましょう。

 

チェックポイント1 対象は明確か?

どんな人(人物像ではなくてもOK)、どんな悩みや願望を抱えている人向けかは

一目でわかりやすいですか?

また、あなた自身がスッと答えられますか?

 

チェックポイント2 お客様の変化は明確か?

その商品を買う(サービスを受ける)ことで、お客様に起きる変化は明確になっていますか?

保証することはできなくても、順調に行けば期待出来る変化が明確でないと

お客様は関心を持ちづらいです。

 

チェックポイント3 主語が顧客になっているか?

自分が売りたいだけのものを形にしていませんか?

私はこれが売りたい、ではなく、お客さまが絶対欲しくなるはず、というものにしましょう。

(ニーズを追いかけないとダメ、という意味ではありません。

ニーズがあることは大事ですが、お客様が気付いていないニーズもあります。

それをあなたが提案して、お客様が「それいい!」となるのもアリですから)

 

チェックポイント4 あなたがいい理由は明確か?

唯一無二の商品というのはなかなかありません。

提供している側としては他とは違うと思っていても、

お客様から見るとそれがわからないことがほとんど。

あなたがいいと思える要素は、商品に活かされていますか?

 

チェックポイント5 入りやすい入り口はあるか?

その商品の価格が高額であれば、いきなりお申し込みを決意できる方は

なかなかいませんよね。

コンサルティングやカウンセリング、セラピーなどは相性も不安なところです。

お試しやオリエンテーションなど、まず安心して試せるチャンスを用意していますか?

あなたにとってもその方が安心して迎えられますよね。

 

チェックポイント6 内容、または過程はわかりやすいか?

サービスの提供期間(またはその時間)に、どんな流れでどんなふうに提供されるのか?

カリキュラムや施術の内容など、わかりやすくなっていますか?

それを見ているだけで、ワクワクするようなプロセスが見えるといいですよ。

 

チェックポイント7 あった方がいい、という商品になっていないか?

これが一番大事かもしれません。

それは、今ではなくてもいい商品の場合です。

人が何かを買う(申し込む)とき、その理由は2つです。

・どうしても叶えたいことがある

・どうしても避けたい痛み(解消したい不安や悩み)がある

このどちらかです。

ですので、「やっておいた方がいい」という段階の商品だと、

これはなかなか売れないです。

 

明確=わかりやすいということ

7つのチェックポイントのうち、4つが明確(またはわかりやすいか)というものでした。

明確ということは、お客様にとってわかりやすい、ということです。

わかりやすさは、関心を持ってもらう、必要だと思ってもらう、という段階で

欠かせない条件です。

もし、あなたが自分自身でも言葉にすることが難しく、迷いがあるようなら

その商品を、見直し曖昧なことをクリアにすることで、輝きだすかもしれません。

無料ハンドブック
自由に働きながら
ビジネスを飛躍させたい

女性起業家のための
あなたの価値の伝え方・心のあり方
100リスト

今すぐダウンロード

無料診断
ちょっと
コーヒーブレイク
しませんか?

辛口でゴメン!
女性起業家のための
稼ぐセンス診断

さっそく診断!