目からウロコの靴えらび体験・靴選びに困っている女性の救世主

 

 

何を履いても靴ずれができてしまう。子どもの頃からずっとそうでした。大人になっていろいろ測ってもらっているうちに、足の幅が狭いことや甲が薄いことを知りまして、それで足が靴の前の方に、前滑りしてしまうんだということでした。

それで勧められた幅が狭い靴を履いたり、セミオーダーのサービスで作ったものの、靴ずれを気にしないで履けるパンプスには出会えず。

そんなとき、こんなサービスあったんだ!というすごいサービスがあることを知り、行ってきたのが

シューフィット神戸屋さんの「目からウロコの靴選び、靴診断」です。

(靴は売っていませんので、オリジナルの靴を買うように言われる事もないので安心ですよ^^)

 

自分の足のこと、どのくらい知っていますか?

私は女性スタッフの岩崎敦子さんにやっていただきました。

本当に丁寧に計測したり、わかりやすく説明してくださったり、靴を調整してくださったり、感激しました。もう知らないことばかり!ものすごくためになりました。

関節が柔らかいから安定しにくいとか、足の幅が立っている時と座っている時で違うとか。他にも、自分の足の特性について、新発見がたくさんあって、「へえ・・・」と驚いたり、「だから、今まで〇〇だったんだ・・・」と妙に納得したり。

私の足がむくみやすい原因もわかったし、合わない靴を履いていたせいで、無意識に前に滑らないようにしていたことで足の指をあまり使わない歩き方になっていたとか・・・(涙)。

何より、どこで、どんな靴を買えばいいのかわかったのが嬉しかったです。

(ぶっちゃけると、私の場合、パンプスはデパートなどの一般的なお店で探してもないことはわかったので、無駄に探す必要は無くなりました!)

自分に合う靴に出会えなかった原因

これまで私に合う靴に出会えなかった原因それは「かかと」でした。

かかとの幅が他の位置に比べて細く、このかかとの幅を基準に靴幅を選べていなかったので、どんなに甲のあたりで合わせても、かかとがゆるいので、前に滑って靴ズレになっていたんです。

(実は、私、以前、かかとがあってないんじゃ、、、と思ってとある靴屋さんのシューフィッターの方に、「かかと」は普通ですか?って聞いたら「かかとは普通ですね。特に細くはないです。ただ、まっすぐなので、バックストラップが落ちるんです」とはっきり言われた事あるんです。ひどいなあ・・・涙)

 

靴選びにほとほとお困りの女性へ

足って大事ですよね。

足が悪いだけで、体のいろんなところに歪みが出てきます。それに絆創膏を持ち歩いて、足が痛くなったら貼ったりって憂鬱です。足の診断と合わせて、手持ちの靴の診断もしてくれます(10足まで)。

自分の足のことがたくさんわかって、この先、靴選びに困らなくなる

「目からウロコの靴選び・靴診断」いいですよ。

PS、やっている最中は夢中だったので、診断中の写真は撮っていないのですが、上記のメニューのリンクにも詳しく載せているページがありました^^。

無料ウェビナー
セミナーがラクに満員になる
3つの仕掛け

駆け出しでもOK!
コンサルタント・講師・コーチ必見!

今すぐチェック!