わかりやすいオンライン講座で売上自動生成・セミナー大盛況でした!

こんにちは、価値を言葉で伝える専門家で、売れるビジネスの仕組み作りが得意な熊谷です。

先週の金曜はセミナーでした。

「フロントセミナーをオンライン講座にして、売上げを自動生成する仕組み作りセミナー」です。

おかげ様で大盛況でした。

 

わかりやすさが一番!

 

「すごくわかりやすかったです」

たくさん頂いた感想の中で一番多かった言葉が『わかりやすかった!』ということ。

今回は特に、お伝えすることがいろいろあったので、

『わかりやすく伝えるために、どういう構成にすればいいか?

どういう表現や例え話を入れるか?』

と、前日まで資料を何度も見直してあれこれ考えました。

 

なので、「わかりやすかった!」と言われてホッとしましたー。

(ZOOMの方は、これからですね。楽しみにしていてください^^)

 

品のある字幕

 

セミナーの中でお伝えしていることの1つに

「品のある字幕(テロップ)」ということがあります。

やたらにキラキラさせたり、大げさに強調したり、かっこよく見せようとする編集は不要!

というのは、これって自分をよく見せようとしているだけで

お客様にとってわかりやすいかどうかは関係ないですよね。

それどころか、伝えたいこととは関係ないことが印象に残ってしまいそうです。

(ちょっとネタバレですが、せっかくお褒めいただいたのでご紹介。

それに、今回のセミナーは動画セミナーではなく、

動画セミナーで売り上げをアップさせる仕組みの作り方を

お伝えすることがメインですから)

 

動画のセミナーではないですが、動画のプロが来てくれました。

 

褒めてくださったのは、現役のTVディレクター佐藤安南さん。

(最近では、10日(土)にEテレで、「すくすく子育て」が放映されたばかり)

セミナー後、安南さんがご自身のメルマガに

この「品のあるテロップ」についてこんなふうに書いてくださいました。

^^^^^^^^^^^^^

「美雪さんのお話で、とても、興味深いフレーズがありました。

それが「品のあるテロップを入れましょう」という言葉。

うーん、さすが文章のプロ!

「品のあるテロップ」!いい言葉だ〜

(中略)

「品のあるテロップ」とは‥

・シンプルで(派手な効果は不要)

・読みやすく(見る人のことを考えた)

・分かりやすい(簡潔に意味が伝わる)

こういう条件を備えた、テロップのこと。

美雪さんは、

「動画のプロではない方が動画を作るときの心構え」

として

このお話をされたのですが‥

プロの世界でも、基本原則は、同じなんです。

テロップがキラキラ輝いたり、

スパーンと飛んできたりするのは、

あくまでも、より意味を強めるための演出。

本来のテロップは、

・名前や地名などを説明したり

・話のポイントを伝えたり

・パッと分かるように強調したり

こういう目的のために、入れるもの。

あくまでも、「見る人のため」のものなんです。

つまり、「自分が自分が」と

自分の言いたいことを押しつけるのではなく、

さりげなくシンプルに、見る人にとって必要な情報を、

見る人の立場になって、スマートに提供する」

(ここまで)
^^^^^^^^^^^^^

そうなんです。

動画と文章、手段は異なりますが

その根底にある「相手の立場に立ったわかりやすさ」

は同じなんですね。

 

わかりやすい表現と構成

安南さんも私も、わかりやすい表現に加え、

いつも気をつけているのが「わかりやすい構成」です。

私は、自分で動画を作ってはいませんが

動画の場合のわかりやすい構成や考え方、見せ方については

安南さんの動画セミナーで学ばせていただいていました。

 

それが私の動画にも十分活かされているんです。

その私が参加した安南さんのセミナー、

「初心者でも安心!プロが教える「本当に売れる」iPhone 動画セミナー」が

DVDになっているそうですので、よかったらチェックしてみてくださいね。

 

PS、リクエストにお答えして開催します!

『一瞬でわかりやすくあなたの価値を伝えて
   安定して売れ続けるビジネス作り(仮題)』
  
  のセミナーを、4/26(木)@渋谷、4/27(金)ZOOM で開催します。

  募集は3/23(金)よりメルマガ先行スタートです。

気になっている方は、予定を空けておいてくださいね。

(下記の100リスト冊子、無料メール講座、どれをご登録いただいても
先行でご案内が届きます)

無料ウェビナー
セミナーがラクに満員になる
3つの仕掛け

駆け出しでもOK!
コンサルタント・講師・コーチ必見!

今すぐチェック!