ワードプレスとアメブロの使い分け 初心者のための基本のキ

こんにちは、熊谷です。

「アメブロとワードプレス、どちらをやればいいですか?」

「両方やらないといけないんですか?」

「これから仕事を始めよう!」という方には、これがかなりの謎のようです。

(感覚的にわかってもらえるよう、

あえて専門用語は使わずに、カンタンにお伝えしますね)

 

laptop-601536_640

 

仕事を始めるためには、まず、自分メディアを持つことが必要です。

ホームページを作ろう!と思いますよね。

今は、ワードプレスでカンタンに作れるようになりました。

 

ですが、これを作ったからといって、すぐに検索されて、ヒットして、

読んでもらえる、ということはないのですね。

検索されて見つけられるようになるには、

やはり歴史(ホームページの運営の長さや記事の数)や記事の内容が影響します。

人に見てもらえるサイトに育つまで時間がかかるのです。

 

アメブロのメリット

✔︎ この「人に見つけられて、読んでもらえるようになる」のが、

 「アメブロはダントツに早い」のです。

私の場合、ブログを始めて2か月で、セミナーの告知をして、

全く知らない方から、お申し込みがありました!

その後、150記事を超えたあたりで、お茶会やセミナーには、

4~6人の方からお申し込みいただけるようになりました。

ワードプレスなどのホームページであれば、最低でも300くらいの記事数が必要になってきます。

 

✔︎ また、アメブロの場合、読者登録、という機能で、

自身のブログを知らせることもできます。

✔︎ 誰でもカンタンにすぐスタートできるのも利用者が多い理由ですね。

 

アメブロのデメリット

言わずと知れた「商用利用禁止」です。

アメブロ上で、物販をしたりメルマガ登録フォームを貼っていたりすると

記事を削除されたり、

ブログそのものを削除されるかもしれないリスクがあります。

こういったことだけではなく、そもそもビジネス用のサービスではなく、

いつ規約を変えるかもわからないわけです。

そうした運営の権限を自分でコントロールできないアメブロだけで、

ビジネスをするのは避けたいことですね。

名刺に載せるURLもアメブロのみでは、ビジネスの内容によっては

信頼に欠けてしまうかもしれません。

 

では、どうするのがいいの?

ワードプレスなどのホームページをビジネスのメインのサイトとして持ち、

集客用にアメブロを利用する。

販売の詳細や価格、サービスやメルマガのお申し込みは、

アメブロからワードプレスなどのホームページにリンクを貼り、

お申し込みはワードプレスでしていただく。

というもの。

ワードプレスのアクセス数が上がり、集客できるようになったら、

アメブロはやめるかどうかは、自分で決めるといいと思います。

 

お客様の声
お問い合わせ
個人メニュー一覧

無料ハンドブック
自由に働きながら
ビジネスを飛躍させたい

女性起業家のための
あなたの価値の伝え方・心のあり方
100リスト

今すぐダウンロード

無料診断
ちょっと
コーヒーブレイク
しませんか?

辛口でゴメン!
女性起業家のための
稼ぐセンス診断

さっそく診断!