新年最初にふさわしいブログ、メルマガって?

年始に届くメルマガや、更新されているブログをみて、自分はどうしようかな・・・。と思っていたかたも、いらっしゃると思います。新年早々に仕事の話をしていいだろうか?そもそも新年にメルマガを送って嫌がられないか?とか。

新年にメルマガを送って大丈夫?

送りたい!と思ったら送っていいと私は思います。新年のご挨拶を日頃の感謝の気持ちを込めてお届けするといいですね。

そう、何かを知らせるとか何かを売るというものではなく、おめでとうの気持ちを分かち合うつもりで送ってはどうでしょう?

後ろめたさを感じるのは、自分をアピールする目的で送ろうとするからなので、年賀状の代わりだと思えば、その後ろめたさも消えるのでは?

 

新年のメルマガは何を書けばいいの?

では挨拶だけでないとダメなのか?仕事のことを書いている人もいるよね?と思いますよね。

もちろん仕事のことを書くのもアリだと思いますよ。

新年にちなんで今年の抱負的なこともでいいでしょうし、もう少し突っ込んだ内容でもいいでしょうし、逆にというか、いつも何も変わらないものを送ってはいけないという決まりもありません。

では、何を書けばいいのか?

それは「あなたのお客様次第」なのです。

あなたのお客様はどんな新年を迎えていそうですか?家族サービス中なのか?のんびりしているのか?新年も普段とあまり変わらない感じなのか?あなたのお客様がどんな過ごし方をしているかを想像して、その雰囲気にあったものを送るといいですね。

お子さんがいてご主人の実家に帰省してるママさんなら、メールを読んでもさっと流して終わりかもしれないので、いろいろしっかり書いても、記憶には残らないかもしれない。

普段は会社の仕事で超忙しいビジネスパーソンで、お正月休みは、自分をブラッシュアップしようとか、今年の計画を立てたり、本を読んだりしているかたには、しっかりした内容がタイミングがよかったりしますよね。

遊んでいる人もいるけど、意外と休みだからこそ自分のための時間として使っている人もいる、と思うなら、後者を意識して書いてもいいでしょうし。

 

意識するのは他人ではなくお客様

皆はどうしているかな?何を書いているかな?と意識するもの悪くはありません。ですが、あなたとお客様が異なる他の人を参考にしても、あまり意味がないんですよね。

大事なのは、あなたのお客様がどうしているか?送る相手のことを意識するのが一番有効な方法なんです。(というかそれしかない!)

特に誤解をされやすいのは、自分はビジネスの勉強をしているのでそのビジネスのメルマガでやっていることやトーンをそのまま真似てしまうケース。

自分のお客様がビジネス関連の方なら合うかもしれませんが、あなたがカウンセリングやコーチング、セラピーなどを提供している場合、お客様のメンタリティは全く違います。お客様がどういう印象を持つのかを意識してやっていきましょうね。

無料ハンドブック
自由に働きながら
ビジネスを飛躍させたい

女性起業家のための
あなたの価値の伝え方・心のあり方
100リスト

今すぐダウンロード

無料診断
ちょっと
コーヒーブレイク
しませんか?

辛口でゴメン!
女性起業家のための
稼ぐセンス診断

さっそく診断!