スルーされない書きかた

こんにちは。熊谷です。

あなたが、皆に伝えたいスキルやノウハウがあるとき、なんとかその良さを知ってほしいと、一生懸命、書いていると思います。そういうブログをよく拝見します。

その説明ですが、「皆さん、○○って知っていますか? ○○っていうのはですね・・・」と、いきなり説明に入っていいときと、よくないとき、があるんです。

○よいとき
読み手が、自分が何が必要かわかっているとき。

×よくないとき
読み手が、自分に何が必要かわかっていないとき。

簡単にたとえますね。

頭が痛くないときに、「この薬、たった1分で、頭痛を抑えます。ここでしか買えません」と言われても、ピンときませんよね。「ふーん・・・」って感じでしょうか?

でも、ものすごく頭が痛いときならどうでしょう?「それ下さい。今すぐに」ってなりませんか?

あなたも、ノウハウやスキルなどを伝えるとき、読み手の状態を想像してくださいね。

無料ハンドブック
自由に働きながら
ビジネスを飛躍させたい

女性起業家のための
あなたの価値の伝え方・心のあり方
100リスト

今すぐダウンロード

無料診断
ちょっと
コーヒーブレイク
しませんか?

辛口でゴメン!
女性起業家のための
稼ぐセンス診断

さっそく診断!