自由に生きながらビジネスを飛躍させましょう・外資系企業に25年勤務後独立した女性が、大人女性起業家を応援!

無料メールセミナー セミナーにお客様が集まる告知の書き方 5つのコツ

  • HOME »
  • 無料メールセミナー セミナーにお客様が集まる告知の書き方 5つのコツ

 

「セミナー会場は予約した。さあ、告知を書こう!」とPCの前に座ったものの、

「でも、なんて書けばいい?」と手が止まる。

ちょっと書いては、書き直し、の繰り返し。

書き上げることができずに夜中になってしまう。

はあ・・・・。

 

お試しセッションをお知らせしても、お問い合わせがこないし・・・。

セミナーに来てもらえれば、

お試しセッションしてもらえれば、良さがわかってくれるのに・・・。

 

 

「あー、これ申し込みたい!」と思ってもらえるお知らせって、どうやったら書けるんだろう?

そんなため息をついている方、もう、大丈夫です。

このまま読み進めてくださいね。

 

顔出しをしないでもお申し込みがもらえた

私は、初めてのセミナーのお知らせをした時、まだ顔出しをしていませんでした。

お仕事の都合で顔を出すことは控えたかったんですよね。

そういう方、たくさんいらっしゃいますよね。

でも、あることができたら、セミナーに毎回4−6人来ていただけるようになりました。

(主力商品につなげるための顧客獲得のためのセミナーなら、これはベストの人数なんですよ)

 

 

(注:写真は最近のものですので、大人数の場合が多いです)

「これ、ワタシのため!」

何ができるようになったか?というと、

「あ、これ私のため!」と思っていただける告知が書けるようになったからなんです。

 

といっても、恐怖をあおるものでも、売り込むものでもありません。

読み手の気持ちの動きに沿った順番で、思いやりの目線で書くだけです。

 

特別上手な文章でなくていいんです。

大切ないくつかのエッセンスがわかれば、どなたでも書けます。

 

「あ、これ私のため!」と思っていただける、そんな告知を

どんな方でも、カンタンに書いて欲しいなと思い、

「未来のお客様の心に響く、セミナーやお試しセッションなどの

告知文(セールスレター)の書きかたのコツ」を

ギュッと5つにまとめて、無料メール講座にしました。

 

その5つとは・・・

 

1、出だしで「そうそう」を引き出そう

2、あなたのクライアントが得られることを、明確な言葉にしよう

3、スラスラ読めちゃう9つの項目で作る告知文の組み立て

4、徹底的にお客様目線のタイトルをつけよう

5、身近な存在に感じる言葉を使おう

 

かなり濃い内容です。

1〜5は、告知を書く順番どおりになっています。

これを読めば、何から書こう・・・と迷うことなく書けるようになります。

とってもシンプルですよね。

ぜひ、ご覧になって、あなたの未来のお客様と出会ってください。

 

ご購読はこちらから

 

お客様の声

このとおりにお茶会の告知を書いたところ、すぐ申し込みがあっただけではなく、

遠方で来られないかたから、「メッセージが心に沁みました」というメールまでいただきました。

こんな太っ腹のメルマガ、ありがとうございました。

(リフレクソロジーサロン経営 遠山幸子さま)

 

無料メールセミナーの文章の組み立てどおりに書いてみたら、

全く申し込みがなかった告知サイトから、さっそく申し込みがありました。

文章を変えた翌日、さっそく反応があったので、驚いています。

(講師 Mさま)

 

セミナーをフェイスブックで告知するとき、このとおりに出だしを変えたら、

すぐ3名の申し込みがありました。ありがとうございます。

(コンサルタント Yさま)

 

読んでいて楽しかったです。わかりやすくて、ごちゃごちゃしていないから、

自分にも書けそうって、気になります。

(コーチ Kさま)

 

アドバイスの通りに書いて、お客様にメールしたら、お知らせの内容にとっても興味を持ちました。

心に響きました、とお返事をいただき、初めてのお茶会が満席になりました。

(コーチ AYさま)

 

今まで定員の半分程度しか埋まらなかった講座が、メルマガからのお申し込みが増えて、

初めて満員になりました。

(セラピスト TMさま)

 

早速、あなたもセミナーを満員にしてみませんか?ご購読はこちらから

 


お問い合わせはこちら

プロフィール

プロフィール

価値を言葉で伝える専門家・ビジネス戦略コンサルタント

熊谷 美雪


外資系企業でプロジェクトコーディネーターとして、多忙なキーパーソンでも一読でOKするメール術を駆使し業務を推進。管理職として悩みも多い日々を過ごす。

40歳を過ぎる頃から会社の仕事に自分の将来を見出せなくなり、紆余曲折の末独立。現在は、ライティングを中心に、コーチングやNLPのスキルも活かしながら、「一人でガンバる女性起業家」「独立したいキャリア女性」のビジネスと人生のステージをアップするコンサルティングを行う。

気持ちを引き出しながらの本質をとらえた的確なアドバイスと、思いを言葉に変えていく文章添削が好評。

推理小説とヨガ、宮古島でボーっとするのが好き。女性はもっと、自由にのびやかに生きようよと、日々活動中。


ネクストステージラボ代表

NPO法人 しごとのみらい 理事

GCS認定プロフェショナルコーチ

米国NLP協会認定

ビジネスマスタープラクティショナー

PAGETOP