こんにちは、熊谷です。

「(タイトルって)なんとなく書いているんじゃないんですね」 以前、セミナーにこられたかたの言葉です。

はい、そのとおりです。

せっかく書いた記事なのに、タイトルに興味をもってもらえないと、読んですらもらえないのです。

ショックですよね。

たとえば、あなたが、新しい三ヶ月間のキャリアカウンセリングメニューを追加したとき、どんなタイトルをつけて、お知らせしますか?

もちろん「新しいメニューのお知らせ」でも、ダメではありません。あなたの顧客であれば、そのタイトルに期待して、みてくれるかもしれません。

一方で、まだあなたのことを知らなかったり、サービスを受けたことがない人にとっては、どうでしょう?

 

サービスの内容をタイトルにしてみますね。

「3ヶ月で、自分の強みを見つけ、新しい一歩を踏み出してみませんか」とか。

今、先が強みがわからず、悩んでいる人がみたら、グっとひかれそうではないですか?

 

そういう人だけに絞ると、他を取りこぼすかもしれないと思うときは、同じお知らせでも、タイトルを変えて、複数回出していきましょう。


「40代 中間管理職男性が、キャリアを活かし、プライドをもって、ずっと働いていくために、今、やるべき行動セッション」とか。

だいぶイメージ変わりませんか?

でも、あなたが提供する三ヶ月のセッションの本質は同じですよね。

タイトルは、「自分だったら、開かずにはいられないかな」と常に考えて、つけてみてくださいね。