こんにちは、熊谷です。

お願いされているのに、セールスされているのに、なぜかあまりイヤな気がしない。

それどころか、好感をもててしまう。そんなかた、いらっしゃいますよね。

お世辞がうまいってことじゃないですよ。お世辞ってなんとなくわかってしまうもの。

それに、なかなか言えるものではないですよね。

じゃあ、どうしてるんでしょう?

 

「どうしたら、喜んでもらえるかな?」って思ってるからなんですね。

 

書くときも同じです。

課題を示すときも、その解決策を伝えるときも、相手はどんなふうに書かれていたら、

うれしいんだろう? 

もし、自分が読み手だったら、どんな言葉があったら、うれしいかな?って考えてみる。

そんなことを意識してみてください。その気持ちが、文章全体の印象を変えていきます。

こういったことも具体的にお話しするメルマガのセミナーはこちらです。