こんにちは、熊谷です。

コーチ、コンサルタント、カウンセラーで独立をしようとして、マーケティングを勉強すると、よく言われませんか?

「なぜ、あなたでなければ、いけないんですか?」

そう、あなたでなければダメな理由。

確かに、○○コーチ、といっても、同じことやっている人いるしなあ、「なぜ、あなたでないといけないのか?」って、言われちゃうとなあ・・・。

と、弱気になってしまいそうなら、もう少し考え抜いてみましょう。

あなたのスキル、性格、特徴、経験、想い。他の人と全く同じ、ということはないですよね?。

それらをもう一度見直してみるといいですよ。

「経験」は説得力があるし、「想い」に惹かれる人はたくさんいます。

ちなみに、私の場合「ライティングを教えてくれる人って、他にいますよね?」といわれたら、

・自分はライティングも勉強した認定コーチであり、コーチングセッションで、気づきを促すことができる。単にライティングのノウハウを教えるだけじゃない。

・会社員時代、承認をとったり、合意を取り付けたり、メールで目的を達成することが得意だった。

・論理的であり感情に訴える書き方のメソッドをお伝えできる。

・自分がコーチに支えられた経験から、コーチとコーチによって救われる人をつなげたいと思っている。

・いくつになっても、人が誇りをもって働ける社会を作りたいと思っている。

・強みや見込み客像、お客様にとってのベネフィットも一緒に作り上げていく。

こういう経験やスキル、想いをまとめてもっているのは、私だけだと思っています。
だから、私にしかできないライティングコーチのしかたがあるんです!って言えるんですね。

あなたも、あなたにしかできないことを、たくさん洗い出して、それを言葉に変えて、発信していきましょうね。

自分でやるのは、厳しいかな、自信がないかな、というかたは、こちらをご覧になってみてください。