こんにちは、熊谷です。

「そろそろ値上げしたいけど値上げしたら、お客様減っちゃうかな」

なんて思いながら早1年、なんてことありませんか?

提供している価値や労力から考えるともっと上でいいんだけど・・・と。

 

 

何と比較しましたか?

 

「値上げしたいけど、高いって思われるかな?」

そんなふうに考えている時、

何と比較してちょっと高いかも、、と思っていますか?

 

今の自分の価格?

同じようなサービスを提供している他の人?

 

もちろんこうしたことが気にならないわけはないと思うんですが、

でもね、肝心なこと忘れていませんか?

 

正しい比較対象を見せましょう

 

あなたが提供出来る価値は、現在の価格を決めた時より上がっているのですね?

それなら、現在の価格と比べるのは、ちょっと変だと思いませんか?

 

他の人の価格もそうです。

提供出来る価値のレベルが違うなら、比較の対象にするのは変ですよね?

 

「でも、お客様はそうやって比較するし・・・」

 

そうですよね。

だから、あなたから本当の比較対象を示しましょう。

 

例えば、スマホは携帯電話と思えば高いけど、

持ち歩けるミニサイズのPCだと思えば、決して高くないですよね。

 

スマホはもうみんながその価値を、当たり前のように知っているから

あえてこんな説明はいりませんが、

提供出来る価値を考えた時、何と比較するか(比較されたいか)は

とても大事なんです。

 

ぜひ、一度考えてみてくださいね。

 

私の場合、何と比べたらいいのでしょう?と思う方はこちらへ(90分でブレイクスルーしますよ)

(おかげさまで8月はすでに埋まっています。9月のお申し込みを受け付け中)