こんにちは、熊谷です。

起業しまだ起動に乗っていない時期の方に、仕事の目的を伺うと、

「○○な社会のために・・・」

と社会貢献的な目的が出てくることがあります。

 

もちろん、それは本当なんだと思います。

でも、なんだかしっくりきていない印象もあったり。

なんだか頑張れていなかったり。

 

 

それは当然なんですね。

まだビジネスが軌道に乗っていなくて

いろいろ不安を抱えているときは、自分自身が満たされていません。

 

ビジネスは確かに誰かを幸せにするものです。

ただ人を幸せにできるのは、自分が幸せだと思っている人だと思いませんか?

お客様の存在が自己承認になっているうちは、

まだ自分自身が満たされていないのかな、と。

 

どんなに成功している人も

駆け出しの頃は、自分のことで精一杯だったはず。

そして、徐々に自分のまわりの人、身近な人、社会へと波及していったのだと思います。

 

今、成功している人は、過去のことをもう覚えていなかったり

成功している人の役割として、真っ先に社会や世の中のことを挙げています。

ですから、ステージが違う駆け出しで不安を一杯抱えている方が

それと同じようにできなくて当たり前なのです。

 

まずは、真っ先に自分の不安を解消し、自分を満たすことに全力を注ぎましょう。

本当は満たされていないのに

そこをスルーして、対面的なことを目標にしてしまうから

いまひとつ、行動につながらないのかもしれません。

 

PS、自分を満たすって、どうすれば?と思った方へ

「自分が問題と思っていたことが、本当は問題ではなかったことに

気づけただけで大収穫でした」という声も頂いている

未来への戦略が浮かび上がる単発セッションはこちらです。