こんにちは、熊谷です。

「これからはもっと丁寧に生きたい」

会社を辞めるときに、同年代の同僚にそう話したら、「それ、すごくわかる」そう言われました。

毎日忙殺されるような日々を過ごして(時間だけではなく、心も)、

食事も外食も多いし、

たまに休暇をとって南の島に行って、リフレッシュしても、

戻ればまたいつもの日常。

もちろん、やめたのはいろんな理由があるし、

何年もうつらうつら考え、

フツフツと怒りもためて(笑)

の挙句ですけど。

あの頃は、世間的にはまあ恵まれているように見えても、

こんな毎日をずっと過ごしていたら、

きっといつか後悔するんだろうなと感じていたのは確か。

 

 

ごく些細なことなのだけど

丁寧に生きるというのは、食事をきちんと味わって感謝して食べる、とか

季節の食べ物を気にする、とか、

お天気がいいなと思ったら、たまには気ままに出かけてみる、とか

戻ってからのことを気にしないで旅行に行くとか、

贅沢をするのではなく、時間や空間を五感でゆっくり楽しんだり、

親が急になんかあったとき(世代的にいろいろ起きるわけでして)

なんで、こんなとき〜と、困ったりイライラしないで、対応できること。

 

やりたいな、でも、忙しいし時間ないしな、と思うのではなく、

やりたいな、いつにしようかなと、考えるくらいはできたり、

会いたいなと思う人がいたら、どうせ忙しいから無理、ではなく、

とりあえず連絡とってみることはできる、

みたいな感じ。

 

 

時間が劇的に増えたわけではないけど

今でも、仕事をしていないわけではなく、独立して働いているし、

2年半前に独立したばかりだから、

独立してしばらくは、悠長なことは言えないので、

結構ガンバったし、今もそれなりに慌ただしくはやっているけど、

忙殺なんて思わないし、

満たされた気持ちになる時間は増えたし

いろんなことに感謝できるようになったし、

お金に使い方も丁寧になった。

開放感もすごい。

もちろん、やらないとやらないなりの結果になるので^^;

安定はしていないけど、

全体的にはなんかいい感じかなと思う。

 

環境を大きく変えなくても「丁寧に生きてみる一歩」

といっても、会社辞めればいい、とか起業すればいいというつもりはなく。

というのは、今、働いていない人の起業と

フルタイムでしっかり働いている人の起業って

やっぱり全然違うと思う。

培ってきた経験があるし、手放すものが多いからね、やっぱり。

そこは振り回されずにいた方がいいかなと。

 

「丁寧に生きてみたい」と思ったら、

日々の生活を振り返ってみるところから、始めてみたらどうだろう?

自分は何で今、笑ったんだろう?とか

何でイライラしたのかな?何で不安なの?

どうしてここが居心地よく感じる?

家族が笑っているのはどんなとき?

気づくこと、見えること、感じること、

きっとすごく変わってくると思います。

 

あなたに会えるセミナー開催情報 3/8(水)は名古屋、3/16(木)は東京でお会いしましょう。