こんにちは、熊谷です。

「売り込むのはイヤだ」

「売り込んでいるって思われたくない

「ガツガツしていると思われたくない」

「集めるんじゃなくて、集まるがいい」

こんなふうに思いながら

集客してうまくいかないとき、落ち込みますよね。

でもね、どんなにベテランでも、うまくいかないときだってあります。

(言わないだけです・・・)

きて欲しい、申し込んで欲しいなと思っているのだけど、

そう思われないように勧めないといけない、と思い込んでいませんか?

 

%e3%81%9f%e3%81%aa%e3%81%8b%e3%82%88%e3%81%97%e3%81%93

 

思い出してみてください。

でもね、ちょっと思い出して欲しいんです。

あなたが、今の仕事を始めたのは、

そのスキルや経験が誰かにとっての価値になるって

確信しているからですよね?

そのためにいろいろ勉強も重ねて

絶対に力になれるって思っているのですよね?

 

それなら、それが必要な人たちのために

「ぜひ、きてください」

と堂々とした気持ちで集客してください。

 

売り込んでいると思われたくない・・・

売り込んでいるように思われるのが

怖いと思っている方もいるかもしれませんね。

売り込んでいるように見えるのは、実は気持ちの中の主語が自分だからなんです。

「私は、xxxしたい」

「私は、○○○の素晴らしさを伝えたい」

主語は自分のまま、堂々と言ってしまえば

それは、やっぱりなんだか説得されているような

売り込まれているような印象になりますよね。

主語をお客様にすると、印象がガラっと変わります。
「○○○が素晴らしい」ではなく

「○○○することで、お客様はどうなるか?」ですね。
そうそう、

あなたが主語がお客様かどうか、

カンタンにわかる診断があります。
それは、

・お客様の悩みや願望を「具体的に」10個あげる。

・その悩みや願望を感じるのはどんな時かもあげる。
これがスッとできたら、

主語がお客様になっていると思いますよ。

すごーくカンタンに言うとまずは、お客様を知ること、ですね。

<書き方で損をしていませんか?残席2!ですお早めに>

会う前に申し込みたくなる高額メニューの書き方セミナー