こんにちは、熊谷です。

最近、歯医者さんに通っています。

差し歯の治療なんですが、外してブリッジをかけることになります;;

で、セラミックですと自費治療。

あなたももご存知のとおり、自費治療の料金は、保険治療と比べると桁違いです。

基本的な歯としての機能は変わらないのに、です。

それでも自費治療を受ける人は多いですよね。

 

そう、自費治療で得られる価値が知り、そちらを優先しているのですね。

 

smurf-139993_960_720

あなたの高額のメニューも、同じではないですか?

価格なりの価値を提供しているからこそですよね。

ではその価値、お客様に魅力的に伝わっていますか???

気づかすにしくじっていませんか?

「ホームページのメニューは見ました。いいなとは思うんですが・・・」

個別面談や体験セッションで、お客様に言われたことはありませんか?

メニューを見たということは、

「興味がある。よかったら申し込みたいと思っている」

可能性大ですよね、きっと。

 

では、なぜ申し込まないの???

 

そんなふうに思ったことは、私も1度や2度ではありません(涙&笑)

たしかに、いろんな事情はあります。

・お客様が今は自分に必要ないと思っている

・お金がどうにもないと言っている

・お客様が望んでいることと、提供している価値が合わない

・セミナーで満足したと言っている

・クロージングが下手(笑&涙)

 

こういった事情、事前に見られているメニュー記事で、しくじって起きていることもあるのです。

 

たとえば、こんなしくじり

1)読みやすくしようと、短くしすぎている。または、ムダに長い

2)結果が保証できない不安から、お客様にとっての価値の表現がぼんやりしている

3)価値が十分に伝わっていないために、内容に対して「高い」と思われている

4)お客様に、自分には必要ないと誤解させてしまっている

5)他の人と価格で比較されてしまっている

実はこれらのしくじりは、

勘違いや謙虚さからきてしまっていることも多かったりします。

 

たとえば、こんな勘違い

・長いと読まれない

・いろいろ言ってあおっているように思われたらイヤだ

・結果は保証できないから、はっきりしたことが書けない

・他の人に比べて高いかもしれないと思っている

・お客様は安い方を選ぶと思っている

・サービスの素晴らしさを伝えれば、伝わると思っている。
その結果、

・お客様がやる気にならない

・申し込みに対する不安や躊躇をぬぐいきれない

ということが起きます。

 

あなたに興味を持ったお客様が、

「会ってみて、話してみて、感じが良かったら申し込もう!」

と思ってきてくださったら、最高ではないですか?

 

遠方で実際に会えなくても、ホームページやブログから、

高額のオリエンテーションのお申し込みがくるようになったり。

 

そんな見違えるようなメニュー記事が生まれるセミナーを10/14に開催!

「高額メニューをスムーズに売りたい女性起業家のための

会う前から申し込みたくなる高額メニュー記事セミナー」

お伝えするのは、こんな内容です。

1)気になって仕方ないタイトルって?

2)わかりやすく一言で言うと?

3)お客さまにとって魅力的な価値を表現しよう

4)説明ではなく、安心できるカリキュラムの見せ方をしていますか?

5)なぜ、いいの?を伝えていますか?

6)おすすめする人で、ストライクを狙おう

7)不安を取り払って、後押ししよう。

8)価格の見せ方は、繊細に、大胆に

そして、後日お一人ずつ高額メニューが売れる戦略診断付きです。

 

詳しい内容とお申し込みは、こちらをご覧ください。

すでに残席3名ですので、お早めのお申し込みがオススメ!