こんにちは、熊谷です。

さて、あなたはどんなメニューをお持ちですか?

養成講座など、何かを身につけるものの場合、カリキュラムを書きますよね。

 

このカリキュラム、皆さん、わりと普通に書いているのですが、

それでは価値が半分程度しか伝わっていないかもしれません。

 

gift-548296_960_720

カリキュラムも書き方によって

よりリアルに、よりワクワクした感じにできるんです。

たとえば、心理学的な講座で

1)脳の働きについて

2)右脳と左脳の違い

3)タイプ別の行動基準

と書かれているのと

1)びっくりと感動の脳の働きを知ろう

2)ここでしかわからない右脳と左脳の違いを体感しよう

3)思考のタイプ別の行動パターンを活かそう

と書かれているのとでは、どちらがワクワクしますか?

どちらが充実した魅力ある講座に見えますか?

ダンゼン、後者ですよね。

 

ポイントは、

『形容詞を付けて動詞で終える』

ということ。

そういう表現をすることで

読者は、それを実際にやって

ステップアップしていく自分をイメージできるんですよね。

ぜひ、お試しください。