こんにちは、熊谷です。

「すっごくわかりやすくて、参加できて良かったです。何より楽しかったです!!!」

昨日、3ヶ月ぶりのセミナーでそんな感想をいただけて、

あー、その「楽しかった」って言葉が嬉しいのよねえっと思いつつ、これを書いています。

IMG_1927

 

 

起業したばかりの方、準備中の方、すでに紹介でお客様が後を絶たない方など、

ステージも職種も様々で、いつものとおり私にとっても、楽しい時間でした。

 

「スラスラ書けてサクサク集まる!あなたがブレイクするセミナー」

これ人気のセミナーで、すでに3〜4回やっています。

ただこの先、しばらくセミナーをやる時間をとれそうにないので、

今日はかなり目一杯やりました。

IMG_1920

ブログとメルマガって同じこと書いていいんですか?

セミナーでも個別でのセッションでも質問によく出てくるのがこれ。

きっと迷うのは、うまくいっている人の中には、

同じこと書いている人もいれば、

違うこと書いている人もいるからですよね。

 

というわけで絶対的な正解があるわけではないということですが・・・。

 

それぞれの役割を考えてみましょう

同じでいいかどうかを考える前に大切なのは

各々を自分はどう使うか?ということですね。

 

王道的には、「主な役割」は、

ブログは・・・

まだあなたを知らない人に見つけてもらう。そして、メルマガ登録してもらう。

メルマガは・・・

接触頻度を高めて信頼関係を築いていく。そして、お知らせをしたときは、申し込んでいただく。

です。

 

もちろん、ブログの記事でも信頼していただくことはできますが、

更新するたびに、タイミングよく、必ず読んでいただけるわけではないですよね。

なので、自分の読んで欲しいタイミングで送れるメルマガは貴重です。

 

読者の質は?

また、読んでくれる方のあなたやあなたのサービスへの興味度も違います。

メルマガは、あえて登録して読んでくれているわけです。

あなたやあなたのサービスにより興味を持った方ですよね。

ブログは、あなたのことを全く知らない方もたくさん読みます。

となれば、ブログといつも同じでは、お客様の期待に応えられないかもしれません。

特別感も薄れますし。

 

全く違うことを書かないとしても、

ブログで書いたことを、メルマガで深く言う、とか、

違う角度で書く、とか、

多少なりとも変えることで、メルマガの価値が高まります。

というわけで、

たまに全く同じでも構わないと思いますが、

各々の役割を意識して、書いていくことを、私はオススメしています。

 

数やルールにとらわれすぎない

一番大切なのは、お客様がどう思うかを想像すること。

自分がお客様なら、どうなっていれば嬉しいか考えてみることですね。

 

「同じでもいいか?」「更新は1日何回か?」といったことは

目安程度に思えばいいと思います。

やりながら反応を見て変えていく感覚を身につけていきましょう。


それがうまくいくヒケツです。

 

 

お客様の声
お問い合わせ
個人メニュー一覧