こんにちは、熊谷です。

お仕事を始めて、お客様に来ていただけるようになると嬉しいのはもちろん

いつまで続くか不安・・・

このいい感じを落としたくない・・・

いや、ここまでこれたのなら、

もっと行けるんじゃ・・・

と思って、もっともっと頑張っちゃいませんか?

さらに勉強したりメニューを増やしたり。

頑張るのはいいんですけど、やっぱり一人でやっていれば

時間にも体力にも限界がきちゃうわけです。

そうそう、正直、ちょっときついなあって思っていませんか?

technology-791029_640

それに一度だけの人生。

他にもやりたいこと、やらなければならないこと、あるしね。

そんな中で、ビジネスを飛躍させたいなら、

その方法を、今の延長線上で考えるのってやっぱり限界なんですよね。

 

なら、どうする?

 

働く時間を増やさず、のびのびと、

やりたいことはやりながら、ビジネスを伸ばして

人生を転換させていく。

 

そんなことについて、今日から5つの視点で

お話ししていこうかなと思います。

 

手放すことから始めよう

まず、今日は1つめ視点は、「手放すことから始めよう」。

 

私も、起業して1年くらい経った頃、壁にぶつかったことがありました。

お客様にもたくさん来ていただけるようになって、売り上げも上がっている。

嬉しいし張り合いは出るし、

とはいえ先の保証はないのでどこか不安もあって

とにかくがんばっていたら、

お受けできるお客様の上限に達してしまい、

お客様を増やせなくなってしまいました。

「このままではまずい・・・」

 

とはいっても、時間術を駆使して、

働く時間を増やしたところで

お客様に提供できることの質が下がってしまうし、

疲れも溜まるし、家族との時間も無くなってしまう。

 

「ん?これでは独立した意味がない」

そうして私は幾つかのことをやめたり、変えたりしました。

 

どうやって決める?

「どうやってそれを決めたか?」

よく言われるのは、

・自分ではやらないで、人に頼めること

・やらなくてもいいこと
をあげるということで、これでスッキリする方もいます。

でも、こう考えると分類できたとしても、

結局そのまま自分でやってしまっている。

という方も結構いたりして。

 

「とは言っても、やらないわけにはいかないし」

とか

「とは言っても、やってくれる人もいないし」

と思ってしまうのですよね。

 

なので、今回は、こんなふうに考えてみましょう。

・(できるできないは関係なく)本当はやりたくないこと

・苦手で、やたら時間が取られること

 

まあ、要するに

『やらないいいでいい、と言われたら、せいせいすること』

です(笑)
それで、どうするのか?というのは今は考えないで、

自分の気持ちだけ考えて、あげてみてくださいね。

次回、それをどうしていくか?

お話ししていきます。

PS、あなたは話すだけ。

私があなたの話をいろいろ引き出しながら

未来のためのビジネスの戦略を生み出す、

大好評の「未来への戦略・ブリリアントセッション」

8月の募集は7/24  19:00〜です。

 

 

お客様の声

お問い合わせ

個人メニュー一覧

●自宅でいつでもお好きなときにどうぞ。

未来の理想のお客様が増えるステップメールの書き方がわかる教材