こんにちは、熊谷です。

「自分でやってみます」

体験コンサルで満足して欲しくて、聞かれたことはもちろん、

それ以上にいつもいろいろ話してしまう。

そのせいか、体験コンサルの後、契約につながることはなくて、

 

「自分でやってみます」と言われておしまい。

そう言われると、主力商品を切り出しづらくなって、結局、契約をいただくことができない。

 

boy-666803_640

 

正直、がっくり。落ち込むやら、自分が情けないやら・・・。

 

経験しない人はいない

起業してあるセミナーができるようになると、

その次に出てくるのが、この悩みです。

ある程度、契約を取れるようになっても、これは結構続くこと、あると思います。

これを経験しない人は、まずいないですからね。

 

これをなんとかするのは、いくつか方法はあります。

でも、技に頼るとこれまたうまく行きません。

相手に響かないんですね。

 

本当の課題を見つけよう

あなたはきっと「継続でしっかり続ければ、悩みが解消できる。

願いが実現するし、もっと素晴らしい未来があるのに」

と思っているのですよね。だとすると、


「自分でやってみます」というのは、

「自分でできる」と勘違いさせてしまっているわけですよね。

 

その勘違いって、何から起きているでしょうか?

お客様の多くは「自分の本当の課題をわかっていない」と

思いませんか?

例えば・・・

例えば、私の場合、

「文章が下手で、告知文がうまく書けないのでお申し込みがない」

と言われた時、すぐに「告知文の書き方」を話しません。

「うまくいかない根本的な理由」が、

「文章が下手なせい」ではないかもしれないからです。

(実際、90%以上、他に根本的なうまくいかないわけがあります)

 

まず、その方が、書けない理由を引き出していきます。

「XXさんのお客様は、どんな方ですか?」

「XXさんのお客様が、今すぐなんとかしたい悩みはなんですか?」

「XXさんが提供できる価値はなんですか?」

「XXさんが実現したいことってなんですか?」

といったことを伺っていきます。

そうすると

「軸が固まっていなかったり」

「お客様のことをわかっていなかったり」

「本当はあまりやりたいことではなかったり」

という、その方の本当の課題が見えてきます。

軸がぶれていたり、お客様の悩みが思い浮ばなければ、

どんなに文章がうまくても書けませんし、

書けたとしても、お客様に響かないですよね。

そして、本当の課題が見えてきたら、

なぜ、それが解決できないんだろう?何が邪魔しているんだろう?

と一緒に考えていきます。

もしこれをしないで、文章の書き方だけ伝えていたら、

どうなっていると思いますか?

 

その方は「言われたとおりやればうまくいく」と

勘違いしてしまいますよね。

で、言うのです。「自分でやってみます」って・・・。

 

どうですか?

次回、体験コンサルをされる際は、聞かれたことにそのまま答えずに、

まずは「本当の課題」を見つけ出していこうとしてみてくださいね。

 

 

 

お客様の声
お問い合わせ
個人メニュー一覧