こんにちは、熊谷です。

私は、皆さんに記事を読んでいただくとき、

ライティングのセッションやセミナーを行うとき、

気を付けていることがあります。

それは、「説得しない」ということです。

もともと、説得する気は、みじんもないのですが(^^)、

一生懸命お伝えしようとすると、相手にとっては、「説得されている」と映るときがあるのです。

これは、要注意なんです。

人は、「説得されている」と思うと、とたんに、警戒してしまいます。

あなたもそうではありませんか?(私もそうです、なんか気持ちが引けてしまいます)。

それに、たとえ、それが本当に必要なことだと頭では理解できても、気持ちが「義務感」を感じてしまうのです。

そうなってしまうと、あなたが一生懸命になればなるほど、相手は引いてしまう・・・。

本当は、あなたの力があれば、前へ進めるかもしれないのに・・・。

もったいないですよね。

じゃあ、どうするか?

「説得」ではなく、「納得」していただくのです。

「納得」は相手の自発的な気持ちから生まれるものですから。

 

じゃあ、どうやって納得していただけるかは、こちらをご覧くださいね。