こんにちは、ライティングプロデューサー兼コーチの熊谷です。

コーチやコンサルタントのかた、個人事業主のかたの

ブログやホームページでよく読まれているものの1つが、「お客さまの声」です。

 

もちろん個人事業主に限らず、

「お客様の声」は大企業の商品でも、有名なレストランでも、大切。

 

でも、まだ仕事が始めたばかりのときは「お客様の声」がない・・。

それはどうすればいいの?

そんなご相談はとても多いです。

 

laptop-849799_640

実績やお客様の声の目的

お客様の声や実績を読む方の目的を考えてみましょう。

なぜ読まれると思いますか?

「第三者の客観的な感想」や「客観的な事実」を読むことで、

あなた自信が信頼できそうか?

あなたのサービスが本当にいいのか?

といったことを確かめ、安心したいのですよね。

 

そうなると「お客さまの声」や「実績」は、

お客様が安心できる客観的な事実や

根拠を載せたものであれば、実際の声がまだなくても

ある程度は、その役割を果たすことができます。

(まだ声がないのに、あたかもあるようにする、ということではないですよ)

 

「お客様の声が無い!」と思っても、

それに代わって、お客様から信頼を得られる、

安心して、それがほしくなる客観的な感想や事実、根拠を

使っていきましょう。

 

たとえば、

・無料モニターでサービスを提供し、代わりに感想をいただく

・カラー診断や鑑定といったサービスなら、有名人などを鑑定し、その内容を載せる

・あなたが体験や変化を載せる(あなたの体験でも、事実ですから!)

・あなたが提供するサービスで使うスキルやノウハウが、世間的に認められているなら、そのことを書く

(例:あなたが「マインドマップ」の思考術を提供するとき、

あなた自身に実績はなくても、

「マインドマップ」がどういった人に開発されたか?教育現場でも使われている、

といった、客観的な事実を書くことはできますよね)

最初は、誰でも「ゼロ」から始まるのです。覚悟だけして、自信もっていきましょう。

とはいっても、やはり自分で自分のことを考えるのは難しい・・・というかたは、こちらへ