こんばんは、熊谷です。

コーチ・コンサルタントのかたと、お客様像や集客のための

ライティングのセッションをしているとき、よく言っていただくのが

「美雪さんだったら、わかると思うんですけど」という言葉。

草原で考える

 

そのあとに、「私、××なタイプの人、ホントは苦手です」

「そういう言い方するの、ホントは得意じゃないです」

「△△は、言いたくないんですよね」など。

どうして、こういう言葉出てくるかというと・・・。

起業セミナーでマーケティング講座で
勉強したとおりにやったつもり。

でも、自分がやりたいこととズレてきて、行き詰ってしまった。

とか。

キャラと合っていないのに、売れている人と同じことをすればいいだろうと

無理にやっていたら、苦しくなってしまった。

ということがあるからなんですね。

 

最初は、「文章力がなくて書けない」「書いても反応がない」と相談されるのですが、

「お客様像」や「ご自身の強みや売り」のセッションをじっくりしていくと、

書く前に段階で、自分の中で、整理されていないことがあることに気づくんです。

 

そんなやりとりを丁寧にやっていくので、

出てくる言葉が「美雪さんなら、わかると思うんですけど」なんです。

 

でも、そこに気づいて軌道修正できると、あとは早いですよ。

一気に加速していきます。

あなたも、行き詰っていたら、一度、お話してみませんか?

どのメニューも最初に無料オリエンテーションがありますので、お気軽に。