こんばんは、熊谷です。

セミナーやお茶会をされているコーチやコンサルタント、

講師、カウンセラーのかた、多いですよね。

お客様は集まっていますすか?

人数が多ければいいというものではないので、

そのセミナーが、フロント商品の位置づけであれば、5~6人くらいいらっしゃるといいですよね。

(「顧客獲得セミナー成功法」の著者 遠藤昇氏も、その後の契約につなげられる関係を築くなら、

5人で十分と本に書いていますし)

とはいえ、その5人が難しいんだよーって、ところなのですよね。

 

やっぱり効くのはぶろぐ・メルマガ

ブログ・メルマガで、そのセミナーが、

「どんなかたにいいのか?」「どんなメリットがあるのか?」「なぜ、今、必要なのか?」を

丁寧に、しっかり伝えて、読み手に、「行ってみよう!」と、思っていただくことが、カギになります。

しっかり書いているつもりなんですが

えっ?「講座を受けるメリット」とか、しっかり書いているつもりなのに、うまく行かない?

そうですね。読み手が、「興味を持ち」「自分のことだと感じ」

「自分の悩みが解決できる」と期待してもらえるためには、いくつかの工夫が必要です。

その工夫はテクニックではなく、根拠のある仕組みです。

根拠がある仕組みなので、きちんとわかれば、納得して書けるようになっちゃうのです。

 ・この考え方でステップメールの申し込み案内を書いたら、毎日購読登録がきます!
・フェイスブックの告知を変えて、すぐ、セミナーの申し込みが3名きました!
・ものすごくわかりやすくて、楽しく読めて、自分でも書けそうです。

と感激の報告をいただいています。

無料メールセミナー「会いたい人を引きつけるメッセージ 5つのコツ」はこちらです。