こんにちは、熊谷です。

「(自分が教えられることや伝えたいことを)、ブログに全部書いてしまったら、
そのあと、お金を払ってセッションしようって思わなくなってしまわないでしょうか?」

これもよく伺う質問です。「出し惜しみしたほうがいいんですか?」とか・・・。

 

きっと誰でも一度は悩むことかな・・・と思います。

セッションの価値って?

確かにノウハウだけなら読んでわかっちゃったら、自分でやればいいやって、思うかもしれませんね。

でも、コーチングやコンサルティングで得られることって、ノウハウだけですか?

その人のためにセッションをすることによって、その人が得られる価値やその人に起きる変化がありますよね。

たとえば、苦手な上司とのコミュニケーションの方法をブログに書くことで、
読んでいるかたは、うまくコミュニケーションできるようになるかもしれません。

でもその方が、上司とのコミュニケーションをよくすることで、

「本当は何をかなえたいのか?」「どういう自分になりたいのか?」は、個人でセッションをして初めて、ご本人も気づけたりしますよね。

「もっと、自分に任せてもらいたい」「仕事を効率よくすすめて、自分の時間をもてるようにしたい」とか。

本人も意識していない、もう1つ上の、その人の本当の願望ですね。

 

誤解させないために

なので、ブログに書いてしまうと、セッションのお申し込みがなくなるということはないんです。

セッションは必要ない、と誤解されないために大切なことは

・「ブログ、メルマガで提供できる価値」と、「個人のセッションで提供できる価値」を分けて考えておく

・記事はノウハウだけにせず、コーチングを受けると、こんなことがあるよ、こんな変化もおきるよ、という未来を提示する

そうすることで、ブログの記事で効果があれば、あなたに対して、「あー、○○さんの言ったとおりだ!」と

信用していただけて、その先(セッション)への興味をもっていただける、といった流れになります。

これなら、ブログやメルマガで出し惜しみしないでも、大丈夫だと思いませんか?

あなただけのコンセプトを作り、あなただけの魅力を言葉に変えて発信して、お客様が集まるコーチ・コンサルタントになりませんか?