こんにちは、熊谷です。

コーチ・コンサルタント・カウンセラー・セラピストのかた、読者には、2つのタイプがいるって、知っていますか?

タイプにより、メッセージの書き方が、かなり違ってきます。

その2つのタイプとは、自分の問題に「気づいている人」と「気づいていない人」です。

 

「問題に気づいていて、なんとかしたい」と思っている人は、あなたが提供するものの効果を、

きちんと伝えれば、すぐ興味を示してくれます。

一方で、「問題に気づいていない人」は、効果を言う前に、それが問題だということに、

気づいてもらうことが必要です。

 

どういうことかといますと・・・。

お腹が痛ければ、薬はすぐ欲しいですよね。でも、自覚症状がなければ、

どんなにいい薬でも、いらないです。

でも、「こんな症状ありませんか?」と聞かれて、「あっ、それ自分にもある・・・」と思えば、

薬に興味がわいてきます

 

発信しようとしている相手が、「気づいている人」なのか「気づいていない人」か

「気づいていない人」なら、それを気づけるよう意識して書くと、

読み手への響き方が、大きく変わってきますよ。

試してみてくださいね。